禁じられた恋に手を出してしまう人

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜかもう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。

退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯にロックをかけるようになったりして、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

そもそも前の浮気時の対応が寛大すぎたことが考えられますから、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が必要なのではないでしょうか。

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明瞭な浮気の証拠を押さえておき、それをもとに慰謝料請求するというのが最も効果的です。

例えば、ちょっとしたお遊びとか、本人たちはあまり深く考えていないという実態もあります。

そのため、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、不倫の罪や現実を思い知らせるわけです。

探偵に浮気調査を依頼する際、調査料金は請け負う会社ごとに差があります。

なので、一社では費用の妥当性も図りかねることですし、あらかじめ複数の業者で見積りをとり、説明を受けることを推奨します。

そうすれば、探偵業者から請求書が来てから、金額に悩むこともないでしょう。

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報を分かる範囲で構わないので、調査員に伝えるようにしましょう。

そうすると効率良く調査が出来る為、コスト削減にもなるはずですし、しごとの精度も上がります。

ちなみに、浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。

誰と不倫や浮気していたかがわかってから3年以内か、また、不倫行為があってから20年と規定されており、それ以後は時効になるのです。

ただし、時効直前でも慰謝料請求訴訟を起こせば、時間経過をリセットできますから、不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはいけません。